クリームで予防出来る妊娠線~ビューティー肌維持しま専科~

女性

シミのタイプによるケア

漂白タイプの美白成分

クリーム

美白成分が入った化粧品でしっかりケアしているのに、年々シミが濃くなってくると嘆いているなら、一度その化粧品を見直してみましょう。様々な美白成分がありますが、ほとんどが予防タイプのものが多いです。すでに肌に出来てしまったシミ取り作用よりも、新しくシミができないように予防する効果に長けています。やはり、シミ取りをしっかりと行える漂白タイプで、有効成分がしっかりと配合のクリームなどを使うのがポイントです。一番効果があると言われているのがハイドロキノンで、強力な美白作用があります。シミを薄くする効果に優れていますから、ピンポントで使えるスポッツタイプのクリームを使うのが効率的です。直接塗りこむことができますから、その部分のメラニンをしっかり肌から追い出してくれます。

気長に使える予防タイプ

予防タイプのシミ取りクリームだと、できてしまったシミに全く効果がないわけではありません。日ごろの紫外線対策をしっかりと行って、保湿などで肌のコンディションを高めることで、既にあるシミを追い出すことができます。予防タイプの特徴としては、新たなメラニンが肌に定着しないように守る作用に長けています。つまり、今あるシミの根元のメラニンにも作用してくれますから、後は今あるシミを古い角質と共に追い出すためにも、肌のコンディションを高める必要があります。予防タイプのシミ取りクリームでメラニンをしっかりとブロックして、正しい洗顔とスキンケアで肌に刺激を与えないようにしましょう。また、ターンオーバーの正常化や肌細胞の修復などは、肌が整っていてこそ効果を発揮してくれますから、保湿重視のケアが大切です。