クリームで予防出来る妊娠線~ビューティー肌維持しま専科~

女性

シミのタイプによるケア

クリーム

シミのタイプによって向いているシミ取りクリームも違っています。頑固に居座っているシミには、漂白タイプの美白成分が良く効いてくれます。また、予防タイプは新たなシミを作らせない作用がありますが、今あるシミを薄くするサポートもしてくれます。

詳細を確認する

老けない肌を作るケア

女性

エイジングサインに気が付いたら、アンチエイジングクリームでのお手入れを開始しましょう。油分の補給もできて有効成分がしっかりと浸透し、肌内のコラーゲンを増やすのに役立ちます。また、成分にも着目してみて、抗酸化作用のあるものを選びましょう。

詳細を確認する

臭いは元から断つのが大事

女性

わきがは周囲の人間にとっては非常に迷惑なものです。汗に含まれる皮脂やタンパク質を細菌が食べることで臭いが発生するので、肉類や脂っこい食事を減らすことが大事です。わきがクリームという製品があるので、それを塗るのも効果があります。

詳細を確認する

成分と使用方法

見た目の悪い妊娠線はクリーム選びを上手にすれば防ぐことができます!こちらのランキングサイトで自分に合うものを見つけましょう!

ビタミンC

クリーム

妊娠線用のクリームとして有効な成分はどのようなものがあるでしょうか。それはビタミンCが挙げられます。ビタミンCはコラーゲンを作るので、肌にコラーゲンを補給してくれる役割を果たします。妊娠線が出来る原因はコラーゲン組織が弱いからです。そのため、ビタミンCが配合されているクリームは非常に効果的なクリームというわけです。しかしながら、厳密な意味で「ビタミンC」が配合されているクリームはありません。「ビタミンC誘導体」が配合されているのです。ビタミンC誘導体とは何なのかというと、ビタミンCより浸透力が高く、保湿性に優れた成分のことです。ビタミンCは水溶性のために肌への浸透が弱いのです。そのため配合されても効果が発揮されません。そうしたことから、「ビタミンC誘導体」というものが開発されました。

使いやすさと使用方法

妊娠線のクリームにはいろいろなタイプがありますが、自分にとって使いやすいものを選ぶようにしましょう。肌になじみやすいものであったり、肌につけてのびやすいものがお勧めです。ボトルの形にもこだわりを持ちましょう。ボトルひとつ取っても使いやすさは全然異なります。たとえば、片手で簡単にクリームが出るタイプもあれば、両手を使わないとクリームが出ないタイプもあります。最近はポンプ式のものが使いやすいということで人気があります。また、使用方法についてですが、妊娠線用のクリームは1日2回塗るのが一般的です。特に上限回数はありません。オイルと併用すると浸透力が増しますので、保湿力がきわめて高くなります。お勧めの使用方法です。

肌の乾燥が発生しないようにクレンジングのケアアイテムを見なおそう。これでツルツルの綺麗な肌がてに入ります。